2016年02月10日

悲しい話


    今日は 悲しいお話です。

  先日産まれたチビが一人 昨日 亡くなりました。
  産まれてすぐに ん? と思うような心配事を見つけていましたが
  成長と共に改善しうる?と 見守ってきました。
  が、やっと目が開いた矢先 願いも空しく 小さな体は冷たくなってしまいました。


  生後間もないチビが 亡くなるという原因は
  体の中で起きていて、小さいあまり、手の施しようもなく
  私達が出来る事なんて ホントに少なくて・・・
  衰弱していく その様子から 覚悟を決めなくてはなりません。

  何度もこういう事を経験する度、ド〜〜ンと落ち込むのですが
  命と向き合っていると また こういう経験をしてしまいます。
  なので 私を見てきた天兄なんかは 言います。
  「絶対に生体(哺乳類)と関わる仕事なんかしたくない」と。 正解だと思います(;_;

  そして こういう悲しい思いをするのは 現場の人間(私と優)だけにしたい。
  だから もし 体の中に重大な問題を抱えているチビが居るとしたら
  私達の傍にいる間に 見つけなくてはなりませんし
  ちゃんとチビの成長を見て 健康診断を受けて 安心して巣立てるようにしているつもりです。
  けれども 生体がゆえに 将来の病気、もしくは 見つけきれない疾患等も たまにはあります。
  これが 一番辛い。

  だから 昨日 亡くなっちゃったチビは ある意味、親孝行なのかな?
  なんて・・・。


 それでも チビ達は 人を癒し、生き甲斐になり、家族を笑顔にし・・・助けてくれる。。。んだよね。
 だから ワンが居ない生活は 考えられないけれど、
 けど・・・けどやっぱり・・・
 生まれ変わったら 生体とは関わる仕事なんか絶対にしない〜〜〜っ! 
 誰かが繁殖してくれた 可愛いワンを迎えるんだっ!!!と 思うママでした。w



  カメラを向け、「そら!」と 呼んでみた。
  全く 無反応・・・たらーっ(汗)
  もう一度 「そらっ!!!」
  全くもって 無反応たらーっ(汗)
  頭をこついて 注意をひいた。
  おいおい・・・ 本気で聞こえてないのかよ?あせあせ(飛び散る汗)
DSCN6010.JPG
  じじくさくても 耳が遠くても なんだか 見てると心が和む。笑えるし愛しいと思える。
  おバカは地球を救う〜〜〜!んだよね?
  これが ワンの力なんだよな〜   え?違う?www

  みんなそれぞれ いろいろあるけれど ダイジョブっ! 
  おバカがいてくれるからっぴかぴか(新しい) 


             でしょ?w


        
ブログランキングに参加しています
  ポチっ下 頂ければ 嬉しいですぴかぴか(新しい)
miraiblog(c).jpg


〜〜〜〜うみのような被害にあうワン達を無くす為に ずっと訴え続けていきます〜〜〜〜


うみ事件」もし、あなたの大切な家族がこんなめにあったなら?
名誉毀損?」 は?誰が被害者よ?
信用棄損?」 あなたなら、[麻美(まみ)どうぶつ病院]を 許せますか?
麻美どうぶつ病院からの説明文」 どんな名医でも口にしない言葉に唖然っ!
こんな獣医に雇われた弁護士とは?
私の決断」 これから この子達を守る為に・・・

ニックネーム babybaby-mirai at 11:53| Comment(11) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする